北海道 札幌 泌尿器科 | 中田泌尿器科病院

アクセスマップ
担当医表

トップページ - こんな症状でお悩みの方 - 生殖器が腫れる・痛い・かゆい

生殖器が腫れる・痛い・かゆい

以下のような病気が考えられます。

包皮炎

子供の包皮炎

軟膏や飲み薬で治療します。あわせて包茎の治療も必要です。

大人の包皮炎

包皮が長い場合・亀頭が露出できないなどが原因です。時に糖尿病が関連しています。
包茎の手術が必要な場合があります。

性感染症(STD)

性交渉で感染する病気です。適切に治療しないとパートナー等に感染します。

ヘルペス

ヘルペスウイルスによる感染で陰茎等に発疹が出て、時に痛みを伴います。
飲み薬や軟膏で治療します。再発する場合があり、血液検査で反応を調べます。

尿道炎

尿道の痛み・発赤・膿の排出・時に発熱があります。クラミジアや淋菌が代表的な原因です。飲み薬や注射で治療します。
※難治性の場合があり、治癒の確認が必要です。この場合、尿中の遺伝子検査でクラミジア・淋菌を検出します。

コンジローマ

ウイルスによるイボです。軟膏や切除による治療をします。まれに悪性があります。

毛じらみ

ダニが陰毛その他に感染した状態で、かゆみが出現、時に出血が見られます。
パウダー状の薬で治療します。

陰のう水腫

精巣を包んでいる膜に体液が溜まる状態で、陰嚢が腫れる状態です。多くは原因が不明。治療は、基本は手術(鼠径ヘルニア根治術と同様)であるが、小児では自然治癒する可能性が高い。また、稀に精巣がんが合併している場合がある。

検査

触診、超音波検査

治療

手術(鼠径ヘルニア根治術と同様)
※一時的処置として、穿刺によって液を抜くことが可能である。

精液瘤

大きくなると陰嚢水腫と同様に陰嚢が腫れることがあり、時に痛みがでます。
精巣に結合する精子の通路(精巣上体・精管)に沿って膨らみます。診断は主に触診と超音波検査で行います。治療は手術で、精巣上体と精管の一部を切除します。

精巣捻転

精巣の血管がねじれて血の巡りが悪くなった状態です。早期(6~7時間以内)に治療を行わないと精巣の壊死がおこり、最悪の場合、精巣摘出となります。
※精巣周囲の付属器(小さなこぶ様構造物)の捻転は保存治療も可能ですが、精巣捻転との鑑別は
  難しいため、手術(陰嚢を開ける)にて判断する場合があります。

急性精巣上体炎

前立腺炎や尿道炎から続発します。腫れて熱がでて痛いです。入院点滴治療をおすすめします。排尿障害が原因である場合もあります。